TOP > スポンサー広告 > ケニア旅 マサイ族編TOP > > ケニア旅 マサイ族編

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニア旅 マサイ族編 2010.03.02

マサイは牛を育てる為、新しい牧草地を求めて旅する遊牧民族。
ケニア各地で見られるマサイの集落。外敵や肉食動物から守る為、木の枝で囲ってある。

masaizyukyo.jpg

旅行の主宰者、平岩父娘と30年来の親交が深い、アンボセリのマサイの村を訪問。

一般的には、現地の人たちに(特に地方では)、カメラを向けることは厳禁です
「魂を抜かれる」と信じられ、怒りをかい、カメラを投げ捨てられてしまうそうです。

CIMG0301.jpg  CIMG0304.jpg  CIMG0305.jpg

お母さん達が平岩ツアーを歌で迎えてくれる。  足元は古タイヤで作った草履です。  
長身で筋肉質、男性はみな、手に棒を持っているのが特徴です。

CIMG0297.jpg  CIMG0336.jpg   CIMG0337.jpg

牛の糞を塗ってで作られた家。ケニア政府の援助を断り、頑なに、自分たちの伝統を守っているのだそうです。

CIMG0356.jpg  CIMG0357.jpg  CIMG0333.jpg 
  マサイ族は一夫多妻制、牛と奥さんの数が多いほど豊かとされています。  これも男性、なかなかのイケメンです。

CIMG0355.jpg  CIMG0329.jpg CIMG0313.jpg

黒い衣装は成人(15歳)前の男性です。              平岩さんが建てた小学校に向かいます。

CIMG0316.jpg CIMG0323.jpg CIMG0326.jpg

学校前で、アフリカ動物写真家の平岩父娘。    教室内、4年生。授業は高学年は英語で行われるそうです。
近在の村から通う子も多く、最近は、生徒もずいぶん増えたとのこと。

学校が出来たことで、男の子は集落から出て行く機会が多くなったと聞きます。


 

コメント

すごいですね。

学校まで立てたんですか~
すごいですね。
でも反面そのおかげで出て行く人がいることは悲しいですね。
でもアフリカは写真みているだけで活力感じますね。
おかえりなさい~

2010.03.03 | URL | makoto #- [ 編集 ]

禁断の写真

平岩様ご一行だからこそ 撮れた 人物の写真...しっかりと 拝見させていただきますよ。

古タイヤのぞうり  立派なリサイクル。。。。エコですね。

アフリカは地震の無い国でしたっけ。 地震がくれば すぐに 壊れそうな家々ですね。でも下敷きになって 死ぬようなこと無い エコな家ですね。

どの写真も 珍しい 想像を掻き立てるものあります。

ありがとうv-217

2010.03.03 | URL | nezumama #XDFGlDYI [ 編集 ]

>makotoさん

v-134この村では、以前、大きな木の下で小学校の授業が
行われていたのだそうです。


突然の雨に、授業は中断、、、それを見た平岩雅代さんが、
「パパ、学校を建ててあげたいね」
と言ったところから始まった運動だそうですよ。
印税や写真の売り上げやツアー参加者のカンパなどで建てられた
学校です。私たちも少々寄付してきました。

 
ですから、平岩ツアーは特別な歓待でマサイの人々に迎え入れ
られてる訳ですね。


マサイ族はケニア人口の1割にも満たない少数民族ですが、
世界的に有名ですよね。
耳飾り、首飾り、赤い肩掛けはその象徴ですが、サバンナの広い大地と
褐色の肌に映えて、実に綺麗です。

2010.03.03 | URL | オリーブ #pxTQGVTA [ 編集 ]

学校

平岩父娘さんの作られた学校にオリーブさんたちも寄付してこられたそうで良いことをしましたね。
私たちも少しでも協力しなくてはと思いました。

ケニアのマサイ族は有名でいつぞや民放のテレビで日本に連れて来てませんでしたか?
遥か彼方まで見える視力に驚きました。

牛の糞で出来た家は快適なのでしょう。
何一つ無駄にせず効率的に活用しているのですね。
燃料にもなりますよね。

みんな笑っている写真が多く何回見ても心が和みます。

2010.03.03 | URL | イッチー #IAvAnRTU [ 編集 ]

>nezumamaさん

v-134みな同じ形のサンダルなんですよ、
「へ~」と思って
見てたんですが、タイヤの再生と聞いて納得しました。


マサイの家に関してですが、中は真っ暗、とても狭いんですよ、
かまどが一つと鍋1個しかなく、水道も電気もありません。もちろん家具も。

人々は陽があるうちは外で過ごすようです。
観光用ではなく、今でもこんな暮らしが存在するなんて……、
多分、彼らの価値観は私たちの理解を超えるものなんでしょうね。


衛生状態が悪いので平均寿命も短いそうで、50歳はもう長老と呼ばれると
いうことでした。


この家、1軒、1軒には子どもとお母さんが住み、お父さんは、
複数のお母さんの家を順々に廻るそう。
ですからこの家は、お母さんが造るんだそうですよ。

遊牧民ですから、牧草地を求めて移動するので、直ぐ壊れるような家
でも良いんでしょうね。
農耕の習慣は無いそうです。

2010.03.03 | URL | オリーブ #pxTQGVTA [ 編集 ]

>いっちーさん

v-134私たちの寄付が、先生たちのお給料になるという
話でした。


そうなんですよ、彼らの視力は5.0 とも言われてます(ホントかいな)。
それにとても果敢で強靱な肉体を持ってますから、ケニアの
ガードマンはほとんどマサイ族の出身だそうです。

糞は燃料にする他、血と乳は食用にするそうです。
野菜を食べる習慣は無いという話でした。
驚くようなことばかりです。

2010.03.03 | URL | オリーブ #pxTQGVTA [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。