TOP > スポンサー広告 > ふんぎりが付かないだけかなTOP > 家族 > ふんぎりが付かないだけかな

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふんぎりが付かないだけかな 2008.10.26

父の法事のため、娘が帰ってきた。
この子、職場結婚して もうすぐ4年になる。
35歳、子どもは未だだ。

大学の職員である娘は、今は外郭の研究機関に異動に
なっている。
が、就職以来 付属病院勤務が長かった。

不妊治療の現場を、
「治療しても、普通はなかなか生まれるようにならないみたい」
「30歳を過ぎると卵の受精率がガクンと落ちるんだよ」
「皆、長いことかかってるから、費用も労力も大変!」
とよく話題にしていた。

だから分かっていると思うし、感受性が鋭い子だから
傷つくかも知れないと、赤ちゃんのことは敢えて聞かない
ようにしてきた。

ダンナは娘より6歳も下だ。
2年前、都内にマンションを買ったからローンが大変で
赤ちゃんを持つのを躊躇してるんだろうか。
何しろ可哀想なくらいお給料は安い、
とても一人の稼ぎではやっていけないみたいだから。
毎日、遅くまで仕事に拘束されているのも一因かも。

子どもがいない夫婦だって沢山いる、
子どもを持つのが最善の道とは思ってないが、母親の私は、
このまま黙っていていいのかな……と、

息子のところの凛ちゃんのカワユイ写真を眺める娘をみて、
そんなことを考えた昨日でありました。

コメント

お子さんが居ないご夫婦が、増えていますよね。
私ごとですが、義理の妹が、36歳で初出産しました。
結婚は、29歳でしたがお互いやりたい事があるし、子供を持つ気になれないと当時話していました。35歳を過ぎてようやく決心が固まり、出産を決意しましたよ~

そのお母さんつまり、義理の母ですが、
いつも、「早く出産しなさい・子供は?」っていつも言っていました。
やはり、「年齢を重ねるとリスクが高くなるよ!」と
私たちの目の前でも言っていましたよ。

参考には、ならないかも知れませんが
どういう方向かは、聞いてもいいように思います。


2008.10.26 | URL | kotone #- [ 編集 ]

わが娘も 家のローンの為 もうひとり子供が欲しくても 作れる状態じゃないと。 30代で 家を持つ 大変さを実感しています。 ダンナの給料が安いので ローン分 毎月12万は 稼がないと 家を売り出す羽目になると 週3回は夜12時までの 居酒屋でのパートです。 でも自分たちで 決め 建てたマイホーム。 二人とも親を頼らない所が天晴れですが 身体を壊さないかひやひやしています。出来ちゃった結婚の子供は今2年生 まあ 一人いるからいいものの 子供は 母親の愛情に飢えていますね。双方のばばが 甘やかしていますが 母の代わりは出来ません。

私の弟は再婚で 今の娘は お嫁さんの40歳の子供です。 今年成人式 母親は60歳。 弟はもう年金暮らし。 でも子供は親に頼らないよう しっかりした考えで自立しています。年取ってからの子供で 親は ものすごく甘やかし過保護で 育てていましたが。はたで 案じているよりも大丈夫でしたね。 いろんな人生があります。

2008.10.26 | URL | mamanezu #- [ 編集 ]

i-265kotoneさん
 「どういう方向か」はいい質問ですね。
リスクなどは重々分かっていると思いますので。
子どもは子どもの生き方ですから、押しつけることだけは避けたい、
というのが私の持論なんですよ。

i-265ねずままさん
自分たちの子ども世代は生きづらい世の中になって
ますね。
価値観も色々、情報も過多ですし、何より経済情勢の
先が読めませんもの。

せめて家族が仲良く、家庭をちゃんとしていることが
大切かも。
次世代に良いものが(道徳観にしろ)受け継いで
いかれれば、どんな世の中になるにせよ、自分で考え、
それなりに生き抜いていくことができるでしょうし。

2008.10.27 | URL | オリーブ #pxTQGVTA [ 編集 ]

二人に任せて

お母さんの気持ちは察していると思いますが。
しっかり者ゆえに、甘えたくない気持ちが先行するんでしょうね。
親子でも、踏み込めない部分ってあると思います。わたしは長男の家に行ったことがありません。来るなと言うもので・・・
友達には信じられないと非難されました。

頼もしいご夫婦と思いますが・・・

2008.10.27 | URL | あっこ #- [ 編集 ]

i-265あっこさん
息子さん、まだお一人でしたよね。
私も娘が就職して一人住まいをしてから
5年間、訪ねたことはありませんでした。
私も非常勤でしたが、仕事をしてましたし、
娘も休日出勤は当たり前なほど忙しかった
からです。
でも、本当は自分の住む所をみて欲しい
気持ちもあったみたいでした。
今となってはちょっと後悔しています。

あっこさんも一度、息子さんのところに、何か
口実を作って行って見たら?

子どもは幾つになっても、親から注目されていたい
というところがあるようですよ。

2008.10.30 | URL | #pxTQGVTA [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。