TOP > スポンサー広告 > その身にならねばTOP > Life > その身にならねば

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その身にならねば 2009.02.12

先週退院した抗ガン剤治療中の妹に、お見舞いの電話する。

注入して3週間くらいは「どうしょうもなくダルイ、、食欲もない」
という状態が続くと聞いている。

週末、山梨宅に中高時代の友だち3人が遊びに来てくれた。
妹もよく知っている人たちばかりだ。
 だから その話などをしたのだが……

彼女、突然怒り出す、
「もう止めてくれない、こんな時、そんな暗い話しばかりして、
あなた、思いやりがなさ過ぎるわよ!」

私としては、「皆いろいろな事を抱えながらも元気に暮らしてるよ」
と励ましのつもりだったのだが。

両方の親の介護に遠くまで通っているK子さん、夫君が難しい病気を
克服したMちゃん、胃ガンの手術をしたがもうすっかり元気なY子さん、
還暦も過ぎれば、それぞれの人生、色々ある。

やっぱり……、こんな話まずかったかな……。

私としては、電話したら悪いかな、メールの方が良いかな……
今の時間で大丈夫かな、とかずいぶん気を遣ってしたつもりだったのだが。

転んで顔を擦りむきましただの、スキーで靱帯を痛めましただのと、
日がらものばかりの病気をする私には分からないのだろうな。

妹からは翌朝、謝りの電話が来たが、

「その身にならねば分からないものなんだ、相手の身になって考えよう」
と強く反省したのでありました。

コメント

a相手の事を十分考えて 話しても 行き違うこと多いですよ。

私も 前に 妹から 何時までもお姐さん風をふかせないでよ....と叱られたことありました。 それ以来 その妹には まず 電話しなくなりました。     時々 欝になる義妹ガいます。 欝状態の時に 私の声を聞くと 余計落ち込むと 言われたこともあります。 自分はこんなに 苦しんでいるのに なんで あんたは いつも元気なの?って

かと思うと ちょっと落ち込んでいたけど 義姉さんの声聞いたら元気が出てきたわ....と言われたことも。

人間同士の付き合い方って ほんとうに難しいですね。

ところで 靭帯損傷は 完治しましたか?  お大事にね。

2009.02.12 | URL | nezumama #- [ 編集 ]

病気になった事で、学んだことは数知れずです。
わからないのは、しかたないと思いますよ。
きっと、妹さんもわかってくれたから、電話をくれたのでしょう。

私も、癌を疑われていたのでネットサーフィンでの情報に落ち込みました。
そういう時は、負のスパイラルでドンドン落ち込みました。
人の話など、耳に入ってきませんでした。

いずれ、妹さんも今の状況を理解し、前向きにいろんな話を聞ける時が来るでしょう。誰でも、通る道です。

今、私がここに居るのは、みんなの温かい気持ちに励まされたからだと思います。


2009.02.12 | URL | kotone #- [ 編集 ]

辛いですね。

励ますつもりが・・・辛いですね。
同じ兄弟だから言えた本音じゃないですか?
他人様にはそんな言い方できないでしょうから、
でも気持ちは通じているはずですよ。

2009.02.12 | URL | makoto #- [ 編集 ]

わたしも気をつけます。

友達がガンで入院したと聞いて、お見舞いに行こうと病院に連絡取ると、
退院したら連絡するから、いまは来て欲しくないといわれたことあります。
わたしも同じ気持ちになるだろうな~と思いました。
親しい人ほど、会いたくないだろうな~~~

妹さんは今、自分のことで精一杯なのでしょうね?
気持ちに余裕が無いのですよ。
病院にいると、悪いほうにばかり考えが行くそうです。

身内でも分り合うことは難しいですね。

2009.02.12 | URL | あっこ #- [ 編集 ]

コメント有り難う

☆nezumamaさん

同じ姉妹でも、それぞれ置かれた環境や状況によって
善意がそう取られず、その方の存在そのものが癪に
障るとかあるでしょうね。
自分では知らずに人を傷つけている場合もあるで
しょうし。
立場が違えば反対の場合もあるでしょうから、それは
仕方がないことと、肯定的にに考えるしかないのかも。

靱帯損傷は3年前のこと、今はすっかり治りましたよ~

☆kotoneさん

闘病中のkotoneさんだからこそのコメント、重みが
あります。
私などより、はるかに大事に日々を過ごせてると思います。

☆makotoさん

妹との関係ですが、性格がかなり違うので、昔は摩擦も
多かったのですが、だいぶカッカッしなくなりました。
自分の器を大きくするってこと、yasuさんに学びました。

☆あっこさん

子どもの頃から、妹はずっと絵に描いたような順調な
人生を送っていた人間なんです。
初めての試練ともいえる今回のこと、それだけにショックも
大きいのでしょうね。
相手の身になって考える、大事なことですね。

2009.02.14 | URL | オリーブ #pxTQGVTA [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。