TOP > スポンサー広告 > 引き際の美学TOP > 家族 > 引き際の美学

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き際の美学 2009.04.30

「母さまは楽に死なせてあげたいね」

これ、先日、妹と電話で話をしたときの会話です。
 ムム、実の娘たちの言うセリフかいな、、。

昨年来、抗ガン剤や放射線治療の為、病院に行く機会が多い妹です。

救急で運び込まれるお年寄り、、見るからにもうダメそう、、。
検査室に入っていくお年寄り、、検査してまた何かの治療をするの?
呆けた無表情なままの、ベッドの上の年寄り。
 可哀想じゃない。

とにかく病院は、治療も無駄に見える年寄りだらけらしいです。
大勢の年寄りを見るにつけ、母には楽な最期を迎えて欲しい、、
そう しみじみ思うと言います。

朝、行ってみたら死んでた、なんていうのが一番理想ですね。

肝臓の数値が悪く、血液ドロドロを心配する相棒は、心臓が
止まるのが一番怖いと言いますが、私は心筋梗塞で死ぬのが、
本人も周りも一番幸せじゃないかと思うんですよ。

相棒の母君は、もう3年も病院で寝たきり状態です。
半ば植物人間、、食事は胃に開けた穴からの流動食です。
90歳を過ぎた高齢者でも、こんな状態で、こんなに長く生き
られるものなんですね。

相棒は、どんな形でも母親には生きていて欲しいと言いますが、
こんな生き方は、決して本人が望む姿じゃないですよね。
そう考えると、そう言うのは子どものエゴじゃないか、
自己満足じゃないかと思うのです。残酷ですよ~

最近、私は娘にも言ってます。

「もし私が倒れていても病院になんか運び込まないでいいからね、
そのまま放っといて遊びに行っちゃっていいから。救急車なんか
呼ばなくていいからね」

  孫のLyinちゃん 1歳と5か月。 こんなに大きくなりました

コメント

かわいいですね。

かわいいお孫さんですね。
今度ウチのアップしますね。
僕もコロッと逝きたいですね。
寝たきりで、延命したくないです。

2009.04.30 | URL | makoto #- [ 編集 ]

私も、苦しんで死ぬのいやですね。
癌の痛みで苦しむのを見ていられない家族の話をよく耳にしました。
ほんとうに、コロっとが一番いいですね。
自分や家族の為にも・・・と、勝手にいつも思ってます。

相棒さんは、時が過ぎていく中で、気持ちが整理されていくのを選んだのでしょうね。

私も、延命は遠慮したいです。
ただ、痛みをとって欲しい。

2009.04.30 | URL | kotone #- [ 編集 ]

同感です

我が亡き母は  安楽死協会というのに入っていて 心筋梗塞で 入院した時に主治医に 延命措置はお断りの紙を渡していました。 お医者さんは では苦しい時は酸素だけ送りましょうと言って なくなるまでの50日間 酸素吸入のみ。

亡くなる前日は 私の当番で 母のベットの横で ふるさとの写真集を見ながら 昔話に花を咲かせました。 翌日 妹が病院にいって 容態変って1時間後にありがとうの言葉で さよならしました。

まこと 見事な最期でした。 89歳。

母が 安楽死協会に入ったのは 70歳の時 私もその年に近づいています。 さて ...........

2009.04.30 | URL | nezumama #- [ 編集 ]

そろそろ本気で

まだ大丈夫と構えていますが、
書面で残しておくのが良いのでしょうね。
その時が何時になるかはわかりませんが、
こども達が悩まないようにしておきたいと思っています。

自分が希望することと、家族が希望することは、
一致しないことが多いみたいですね。

2009.04.30 | URL | あっこ #- [ 編集 ]

連合いを先に送り、その後孤独死でも
いいので最期までビシッと生きたいですね。

2009.04.30 | URL | keyko #- [ 編集 ]

お孫さん、本当にかわいいですね。どことなくオリーブさんに似ています。
この頃、夫や友人と話すことと言えば、「あと何年の人生か。残りの人生をどう過ごすか。一人になったら、さびしい。」ということ。死が現実に近づいているということなのですね。
私は、今は何もなすすべもなく心配しているのみ。オリーブさんやみなさんのコメントを参考にさせていただきます。でもね、おろおろしているうちに、いろんな現実が押し寄せてくるのかもしれません。

2009.05.01 | URL | ソフィア・ローレン #- [ 編集 ]

色々レス

v-22kotoneさん
お若いkotoneさんは老いということを考えるのには
まだ間があるんでしょうが、10年、20年の月日が
過ぎていくのは本当に早いですよ。
 延命治療は私も望みません。

v-22nezumamaさん
尊厳死協会というようなものでしょうかしらね。
さすがnezumamaさんのお母さん!
やっぱり思っているだけでは駄目ですね、
自分の意志をハッキリ文書の形にしておくなりしないと。
参考になりました。

v-22あっこさん
財産問題のことだけでなく、自分の死後、子供たちが
仲良くやっていくためにもキチンと意志を表示しておく
必要がありますよね。
毎年、書き換えても良いんですから。

v-22keykoさん
うちの相棒は「自分の方が残るだろう」と言ってます。
私があまりにバタバタ何でもかんでもやりたがり忙しく
してるんで、きっとその内、バタッと逝くだろうって。

v-22ソフィアさん
3年前から「もしもノート」という形でA4、4枚にある程度のことは
記してありますが、どういう風に生きるか、ってことが
その前の問題でしたね。



2009.05.03 | URL | オリーブ #pxTQGVTA [ 編集 ]

尊命

同感ですが、、
さて、急速に発展を続ける医療技術、復活の可能性を信じたいです。
 嵐の海で、漂流状態した、あの恐怖の時間を想い出します、”もう一度、陸に上がりたい”僅か32フィートの世界で、命の尊さを、大切さを、愛しさを、、腕を失うか、命を捨てるか!!舵とセールを繰る腕に、託した、、”沈”=あの世!!まだ、まだ、行きたくナカッタデス。

2009.05.09 | URL | Asea #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。