TOP > スポンサー広告 > 時代劇ではありません 『さまよう刃』TOP > Life > 時代劇ではありません 『さまよう刃』

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代劇ではありません 『さまよう刃』 2009.10.23

今話題、の映画を平塚・シネプレックスで見てきた。
東野 圭吾原作 『さまよう刃』

http://yaiba.goo.ne.jp/

20091009213330_00_240.jpg

主演に寺尾聰 共演には竹野内豊 伊東四朗

まだ見ていない方も多いので、ストーリーの詳しい紹介をは避けるが、
未成年の少年2人に中学生の娘を陵辱された末に殺された父親の
孤独な復讐劇である。
 
「序盤に、見どころというにはあまりにもおぞましい衝撃的なシーンがある。
それは、娘を殺された長峰が、密告電話を受けた直後に訪れた「ある場所」で
「あるもの」を見るという内容のもの」
 とあったので、想像される場面は、残酷で可哀想で、実は見に行くのを
だいぶ躊躇したのだが、身構えていたためか、それほどでなく救われた。
 それでも やりきれない思いは残り、復讐を容認する気持ちになるのだが……。

前半の重厚な人間描写から一転、後半はドラマチックな刑事物語へと
変化する。
原作を読んでないので何とも言えないが、この辺に不自然な状況設定が
いくつか有り、ちょっと気になるところ。

竹田之内豊はいい、ファンになった。悩める刑事を演じていて、
これは役得かな。
寺尾聰は父親の宇野重吉にだんだん似てきたようだ。

心理描写など、丁寧に作られている良心的な作品だと思う。
やっぱり劇場でみる映画はいい。


コメント

え~v-236見たいですv-237
私は基本的に邦画が好きなんで。

もっと時間が欲しい…
寺尾聡…好きですv-238
テレビで宣伝している映画はたくさんあるけどあまり見たいとは思いません。こんな映画があるなんて…

2009.10.24 | URL | えっこ #- [ 編集 ]

>えっこさん

e-237
私もはじめ知らなかったんですよ。
そしたら、読売新聞が協賛している映画のようで、
一面に大きく取り上げられてるのを、他家で読んだんです。
それでぜひ見たいなと。
原作も売れているようですよ、先週はランキングの2位に
なってました。

2009.10.25 | URL | オリーブ #pxTQGVTA [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。