スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キノコ狩り&鍋 10/3 2010.10.04

山梨県塩山市で開かれたこの会に、mixi繋がりで参加。

しかし、
「猛暑の影響で、まだ食べられるキノコは殆ど採れません」と事前の説明。
今年は10日ほど遅れているのだそうです。


kino2.jpg
   講師のSさんの案内で入山。          師匠は出で立ちも様になってます。 


kino3.jpgkino4.jpg
  「先生、これは何キノコですか?」     「根本が黄色でしょ? こういうのは毒キノコです」

 キノコはたくさん見られました、、 しかし、今の時期に生えてるのは殆ど毒キノコだそうです。
 kino5.jpgkino6.jpgkino7.jpg
kino8.jpgkino9.jpgkino10.jpg


採れたキノコを分類、解説。  食用もいくらか収穫あり。
kino13.jpgkino12.jpg
                                   キノコ鍋  イノシシと鹿肉料理も出ました。 



帰りの電車で疲れました 2010.09.27

9/26 秩父連峰の西はずれ、長野と山梨の県境の横尾山(1,818m)へ。
標高差 350m 歩行時間3時間。

手軽に登れるわりに、南アなど展望が素晴らしい。
瑞牆山(みずがきやま)の巨大岩峰群が目の前です。

yoko6.jpg yoko5.jpg


行き・東富士五湖道路より、初冠雪した富士山  Oh Wonderful

yoko4.jpg

昨日の登山は、日帰りで茅ヶ崎から参加。

行き=山梨の集合場所まで車 2時間半。
帰り=電車(普通利用) 乗り換え4回 5時間

湘南から山登りするのは、アクセスが悪くて大変だ、これ実感。

登山より帰りの電車で疲れました。
しかし一日限りの晴天は大変なラッキー。



硫黄岳、日帰り登山 2010.09.20

連休初日、南八ヶ岳連峰の硫黄岳(2,760)へ。 2か月ぶりの山登りです。
桜平→夏沢鉱泉→オーレン小屋→夏沢峠→硫黄岳

標高差900m 登り3時間半 下り2時間半は程よい疲労加減でした。
八ヶ岳は縦走コースも沢山あり、好天とあって登山客も多かったです。



硫黄岳山頂 あいにくガスが上がってきて視界は今イチ。
io2.jpg

山頂で。 目の前に、阿弥陀岳 中岳、赤岳が望めます。
io3.jpg

  オーレン小屋と小屋前の「こわ清水」 永久凍土からの伏流水で氷水のように冷たい。
   
io4.jpg io5.jpg


夏沢峠に設置された風力発電。
io6.jpg

夏沢鉱泉では、必要電力の全部を、水力、大陽光のエコでまかなっているそうです。
それでも余って、風呂脱衣所の床暖房にも使っているとか。

クリーン山小屋の屋根には、風力発電プロペラ、壁には太陽パネルが張ってある。
io7.jpg

こちらは夏沢鉱泉の水力発電装置、2カ所ある。
マイクロ水力発電は、山荘主人とスタッフのの手作りから始まったという。

io8.jpg

  親子連れ、小4と小3だそう。        山ガールも。     こちらは重装備のお兄さん、テント泊かな?
io10.jpg  io12.jpg io11.jpg

 花のシーズンは終わってましたが、、下山途中で出会った「ニホンカモシカ」。角がないので子供かも。

io9.jpg

       

翌、19日は原村で開かれた相棒が出演するマンドリンのコンサートへ。
山と、高原の八ヶ岳を満喫した連休でした。

八ヶ岳では一番高いところを走る、鉢巻き道路。
青い空が近い! 緑色に染まりそう! 都会では考えられない快適ドライブができます。

io13.jpg

io14.jpg

コンサート会場の八ヶ岳自然文化園。


暑さ、寒さも… 2010.09.15


どうやら 猛暑も終焉を迎えたようす、

なんじゃ一気に、今朝のこの涼しさは。

それはそれで、また淋しいものがある。

まこと人間は勝手なもの、勝手なまま年がいく。

涼風が経つと、年末までは短いぞ。




 (写真は庭の柿。 背後のミカンは、今年は不作)


そこまでするの? 2010.09.08

フィットネスクラブに行く途中にある、マンションの前である。

首からネームプレートをぶら下げた7、8人の集団が、
気になっていた。

年齢は、比較的若い女性に混じって男性も数人。
いつも何やら話をしているが、あのくつろいだ様子は
企業人の集まりとも思えないし……。

今日、分かりました。
幼稚園バスのお迎えなのです。

最近は幼稚園バスのお迎えに、保護者は名札付けなきゃいけないの


8/30 近況 2010.08.30

9月になろうとするのに、何じゃ、連日のこの暑さは

夏は嫌いじゃないけれど、今年は異常、
体力勝負の我慢比べももうそろそろ先が見えてきて欲しいよ。

西側の窓からinaho2.jpg

40日ぶりの山梨宅も暑い。(汗)  しかし、田んぼを吹き渡ってくる風は茅ヶ崎よりまし。

実りの秋も間近、稲穂はしっかり育っています。

この夏の総括  7月はお出かけが多かったけれど、
           8月は汗を滴らせ、家事とギターに格闘の日々
             (ちとオーバーかな)

処暑 風立ちぬ 2010.08.23

炎暑、酷暑 延々と……、
でも、見つけました(^^) 「風立ちぬ」の風景。 

tatemono.jpg

現在は老人ホーム「太陽の郷」となっている敷地の中に、
秋の訪れを告げるパンパス・グラスが開花しました。
草丈は2m以上あります。

写真ではよく分かりませんが、ここのは珍しい淡いグリーンです。

左写真:: 後方の建物は、「南湖院」で一番最初に建てられた第一病舎(明治32年)。
「南湖院」とは、東洋一の規模を誇ったサナトリウム(結核療養所)です。

右写真:: 母が通っているプールがある建物。
介護保険適用の、母のプールリハビリも丸3年たちました。
毎回の送迎は少々シンドイですが、水の効果は抜群です。

asagao.jpg
宏大な敷地沿いに咲いている琉球朝顔
昼間も花が開いてます。

この道は海に続いてます。




あれから25年 2010.08.10

sizumanutaiyou.jpg
私の山友、もとい、山の師匠が御巣鷹山に慰霊登山をしてきた。

25年前の8/12 日航ジャンボ機墜落事故から今年で25年になる。
乗客、乗務員のうち、生存者4人を除く 520人が亡くなった大変な
痛ましい事故だった。

師匠は元自衛隊員で、あの事故の直後、現地入りし、野営をしながら遺体の収容にあたった人である。

当時の状況を、彼はweb日記に書いている。

現場に着いた時、惨状に呆然としたことであろうが、、感情を
交えない、淡々としたリポートだっただけに、
私はその背景にあるものに思いを馳せずにはいられなかった。


彼の日記は、いつか行かねばと思っていた御巣鷹山の尾根に、25年経ってようやく
お参りできたと結んであった。

事故から数年後、乗客だったある父親が、ダッチロールする機内で、手帳に走り書きした
息子さん宛の遺書が公開されたことがあった。

「剛よ、お母さんを大事にしてくれ、これからは……」
 そんなような内容だったと記憶している。

大学生だった剛君も、もう40代半ばの働き盛りになっている筈だ。

師匠の書き込みを機に、長いこと読みたいと思いながらも読まずにいた山崎豊子著の
『沈まぬ太陽(三) 御巣鷹山篇』
を買った。

今朝の朝日新聞にも、あの時の管制官と機長との交信記録が記事になっている。

 広島と長崎の原爆、、終戦、、、8月は鎮魂の月でもありますね。


キュウリが美味しい 2010.08.02

山友から教わった青ジソたっぷりの辛み味噌、

暑~~い夏、、さっぱり&ピリカラ、、
うまっ  食が進みます、、お試しあれ。

(チョー簡単レシピ)
材料  鷹の爪(細切り)、青しそ(60枚~100枚細切り)、
     ゴマ、かつおぶし(細かい物)
     糀味噌(砂糖、みりん、麺つゆ、お酒、)

ごま油で鷹の爪、青しそ炒め、かつおぶし、ゴマ、味噌加え弱火で2~3分炒煮する。

常念岳~蝶ケ岳 7/18、19 2010.07.25

ひだまりハイキングクラブ 7月の例会、北アルプス縦走に参加。

今回は歩き通せる自信がなく、参加をためらったのですが、完遂できて良かった~



安曇野から見た常念岳











一ノ沢~三股コースは、常念岳登山では一番楽なコースだとありましたが、なかなか、なかなか…。

IMGP4499.jpgCIMG1567.jpg
 雪渓を過ぎるといよいよ胸突き八丁へ  「ためしてガッテン」の疲れない歩き方、実践するも、
汗ダク、喉も渇き、休憩回数が増えて予定コースタイムより遅れ気味。 若者集団にどんどん追い越される。

CIMG1578.jpgCIMG1589.jpg
標高差 1,200m 登り 5時間20分、1日目の目的地、常念小屋に到着。
梅雨明けを待っていた大勢の登山客で、山も賑わってます。

CIMG1586.jpgCIMG1594.jpg
 頑張りました、先ずは乾杯!   山小屋は1畳に2人という混雑ぶり 「ザックは廊下へお願いしま~す」

CIMG1602.jpgCIMG1610.jpg
翌日は4時出発 途中でご来光を拝します  常念岳頂上を目指して(頂上はまだまだこの先です)   

CIMG1613.jpggareba.jpg
 1時間半後、ようやく到達。 常念岳(2,857m) やりました!!  

CIMG1626.jpgtyou_1.jpg

常念岳 → 蝶ケ岳 穂高連峰が眼前に迫ります、遠く御岳、乗鞍も。  蝶ケ岳山頂(2,677m)
下山は16時。2日目は標高差、1,600m  ナント! 休憩を入れて12時間も歩きました。

  頑張った自分を「エライ!」と褒めてます。

山登りは1歩1歩の積み重ねの達成感と、やり遂げた充実感、これが魅力なんでしょうね。
格好よく言えば、挫けそうになる自分自身との戦いかも。頂上からの大パノラマはそのご褒美ですね。
 礼文旅より満足度は でした。

完熟マンゴー 2010.07.24

休暇を取って石垣島に行ってる娘からマンゴーが送ってきた。

CIMG1638.jpg

このクソ暑いのに何故、石垣島? ということはさて置いといて、

「リンゴみたいに剥いて食べちゃ駄目ですよ!」  とメール有り。
私の性格をよくご存知で、

仰せの通り、ネットで調べてみると、今や、食べ方の 動画サイトががたくさん有り!
さっそく母はやってみたのであります。 

CIMG1642.jpg

よく冷やしておいたのを、、
アボガドのように真ん中に大きな種があるので、ヘタを下にして縦に3枚におろします。

CIMG1644.jpg

さいの目に切り込みを入れます。

CIMG1648.jpg

皮を下にして反らせると、 ハイ、ご覧のとおり 

kansei.jpg

「ほんとだ、マンゴジュースの味がする~」

鼻が曲がりました 2010.07.10

「ギャッー  なに この匂い

母をリハビリに送って行こうと車のドアを開けた時でした、

元凶はフロアマットに転がっていた、 3日前に買ったお刺身パック

先日来、人さまの前でギターを弾く会が立て続けにあったり、
何だかんだ用事が重なって、、、疲労困憊。

あぁ~嫌だ嫌だ、言い訳はイヤだ、
早い話、ただの粗忽者なんです。

明日から礼文島へトレッキングに行って来やす。
涼しい所で頭を冷やし、少しノンビリして来よっと。

ゆる友の勧め 2010.07.04

上野千鶴子著 『男のおひとりさま道』

これは3年前発刊の『おひとりさまの老後』の続編です。

おひとりさま歴13年のワタクシとしては、男性向け指南書の、この本に
書かれていることは、今更という感は否めませんでしたが、

次の内容には大いに頷くものがありました。

「老後のおひとり様を支えてくれるのは、たった一人の『この人、命』という
運命的な関係より、日々の暮らしを豊かにしてくれる緩やかな友人のネットワークである」

ゆる友=「ゆるく淡くつながっている友」を表す造語だそうですが、
確かに、「関係は淡さゆえ、長続きする」は本質をついてますね。

電話すれば、話を聞いてくれる友、、メールをして山の話ができる友、、
美味しい物を一緒に食べに行ってくれる友、、、ふるさとの話ができる友、、
ギターの成果をともに喜び合える友、、、訊けば難しいPCスキルを直ぐ教え
てくれる友、、。
もちろん、ネットコミュの友も。

その時々で良い関係が築ければ、疎遠になってしまっても、心の中で
友だちで有り続ける、これワタクシ、いつも思っていることでした。

 上野千鶴子さんは、朝日新聞・土曜板の『悩みのるつぼ』の回答者でもありますが、
この人生相談の回答も、ユニークで痛快です。



3篇、のせました 2010.06.28

文章サークル歴16年、飽きっぽいワタクシとしては
よく続いてます。

年1回発行する文集、「あしあと 16号」が出来上がりました。

CIMG1355.jpgCIMG1356.jpg

何回か編集作業を重ね、体裁や打ち出し、校正も全部 自分たちでして、
印刷、製本だけを業者さんにお願いしています。

書く苦しみも、こういう形になることで達成感に変わりますね。

さてはて、来月は書きたいテーマが見つかるかな?
 身内には評判が悪いんです、私が書くこと。

ドラキュラ対策は? 2010.06.22

悩ましい季節が巡ってきました。

虫除けスプレーを散布した 長袖、長ズボン、タオルでほっ被り、
「いざ、草退治に出陣

それでも、こんなに(一日経って少し腫れが退きましたが) 
 あぁ、シミ、シワだらけの見苦しいお手々……

s-CIMG1339.jpg

 ブォ~~ン ブォ~~ン 
  
庭に出ると待ってましたとばかり、一斉に襲撃してきます。
 茅ヶ崎の蚊は強烈なのです。

腰にぶら下げるタイプの香取線香は、
「アチチ、アチチ」 こりゃ、あきまへん 

ドラッグストアで見かけた『蚊に効くお外でノーマット200』
これ、どうだろか?

皆さんのところ、どうなさってます?  お知恵拝借 

重ねて言います、
 茅ヶ崎の蚊は強烈なのです


懲りない私 2010.06.12

いや~ 参った、参った

「ここ何年も、鼻風邪も引いたこと有りません」
なんて威張っちゃって、、頑健だけが取り柄のワタクシ

ダウンしちゃいました、とうとう
10ウン年ぶりに 3日も寝込んじゃうなんて

喉が腫れて食べる物が入らなかったら、オッ ! 
たちまち3キロも痩せてしまいました。

風邪の引きはじめは、いつもスポーツクラブで汗を掻いて
治してしまう荒療法、
「あなた、今回もそれ、やってしまったのね

   自業自得です 歳を考えなさい、歳を  (反省)



登り応えがありました 5/30 2010.05.31

mixiがご縁でお誘いをいただいた、山梨百名山の乾徳山(けんとく

噂どおりの乾徳山、往路3時間半以上、、 登れども登れども、、、「頂上はまだですか~」

kentoku1.jpg
      甲府盆地の北部にある        週に3日は山のSさんをリーダーに。地図を確認、徳和口より出発

kentoku2.jpgkentoku3.jpg
    30代~60代 8人のパーティー  最初は余裕がありましたが……、だんだんキツイ勾配に。

kentoku4.jpgkentoku5.jpg


kentoku6.jpgkentoku7.jpg
      純度100%の湧水:銀晶水             レンゲツツジは今が満開


kentoku8.jpgkentoku9.jpg
    第一のクサリ場      岩は突起が多いので、思ったより登りやすい


krntoku10.jpgkentoku11.jpg
  こちらが頂上直下、第二のクサリ場     ワタクシ、挑戦するも途中で挫折、巻き道から頂上へ

kentoku12.jpgkentoku13.jpg
      登り切ったY子さん (拍手!)            ついに山頂に (2.031m) 曇天で残念!

kentoku14.jpgkentoku15.jpg
下山途中の道標。   こんなに登ったかしらと思うほど、下りも長かった~    お疲れさまでした~

登山開始 8:10  下山17:00 

若い方は疲れ知らず、Sさん、そらさん、ヒロさん、、のんびりペースにお付き合い、有り難うございました。
 おかげさまで、こんなスゴイ山にも登ることができました。

気になる看板 2010.05.31




道路から、
ちょっと引っ込んだお宅にあるこの看板、
通るたび、いつも気になります。
凄すぎ

「犬、噛みます!絶対に!」



言いたいことは:

「犬がいます。噛みますから、絶対に庭に入らないで下さい」

なんでしょうけれど。



ここも東京、三頭山 2010.05.17

「日だまりハイキングクラブ」5月の例会は東京の三頭山(1,531m)へ。

山梨県と東京都の境にある”都民の森”の周遊コースを歩いてきた。
 http://www.hinohara-mori.jp/
ここは、楽しめるコースがたくさん用意されていて、さすが財政豊かな東京都です。


mito2.jpgmito3.jpg
   入り口から周遊コースに あたり一面、目映いばかりの新緑  「触ってごらん、柔らかいよ! 産毛が生えてる」


mito4.jpgmito5.jpg mito6.jpg
  三頭山の東峰、1,531m    正面に富士山と山梨の山々を望む     今日の参加者13名(男性3、女性10)

 
mito7.jpgmito8.jpgmito9.jpg
  最新ファッションの山ガール      「チョー かわいい 」         こちらは山オババの皆さま


mito10.jpgmito11.jpgmito12.jpg
   ブナの林              大滝の展望吊り橋       都民の森へのアプローチ     

0105.gif

 この日に見られた花々(ごく一部です)

   ①ニリンソウ  ②オオカメノキ(ムシカリ) ③エイザンスミレ  ④ヤマシャクヤク 

mito14jpg.jpg


カムバック、スイーツ 2010.04.26

年度変わりの仕事も一段落した娘と横浜で待ち合わせ、
食事をすることにしたのですが……、

会うなり開口一番、
やっちゃった~~  申し訳なし m(_ _)m」

茅ヶ崎では売ってないお菓子を頼んであったのですが、
電車の網棚に置き忘れたというのです。

降りて直ぐ気が付き、「××分発、○○行きの何両目、真ん中ドア辺り」
と届け、駅員も直ぐ調べてくれたようですが、
あぁぁぁぁ、 後の祭りだったようで~~
 
それもナント、余所に差し上げる分もあったので3箱もです!
かさばるので網棚に乗せたのが間違いの元でした。
 持ってかれちゃったみたい、悔しい~

最終的には、遺失物で届いていれば水曜日に分かるんですって、
でも出てこないでしょうね。

「ま、しょうがないかッ…
でも悔しい~


それはさて置き::

ぐるナビで調べて行ったここのランチ、当たりでした、美味!

舌を噛みそうな名前のイタ飯屋、「オ・プレチェネッラ 」

ランチコース

«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。